« 「She's not herself tonight.」(「シカゴ」より)その3 | トップページ | 「It's not for everyone.」(「スカイフォール」より) »

「Everything's gonna be okay.」その1(「ミッション:8ミニッツ」より)

ミッション:8ミニッツ:Source Code(2011年製作)」発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンVWBS1317

あけましておめでとうございます。

最近は仕事に追われて、あきれるほど遠ざかってますが、本年もよろしくお願いします。

さて、先日テレビで「ミッション:8ミニッツ」を観たら大好きになってしまいました。

この「ミッション:8ミニッツ」では、私の妄想が駆け巡りました。

私たちは、今ひとつの世界の中で生きているのだと考えていると思います。しかし、私はこの映画を観てこう思いました。ひょっとすると、人は人それぞれ違った世界で生きているのかもしれない。しかも人一人一人にはあらゆる瞬間に平行する膨大な数の世界が存在し、人はその膨大な世界の中から、自らの精神活動や行動で世界を選択しながら生きている...

そして、スティーブンス大尉の生き方は、現実の今を生きるための示唆を与えてくれているのではないか...

置かれた状況の中で自分を信じて前向きに生き抜くのはとても大切なことではなかろうか...

まったく別の話になりますが、NHKで昨年良く売れた本を紹介する番組がありました。その中に、「置かれた場所で咲きなさい」という本がありました。また、同じくNHKで、タレントの堂本剛が宮大工やシェフ、登山家に「運命」について問う番組がありました。その中で、世界的に著名な日本女性のシェフの「やらなければならないこととやりたいことをやっていいたら、扉が開いた」という言葉に感銘を受けました。

主人公のコルター・スティーヴンス大尉の置かれた状況は想像を超えた過酷なものでした。それでも彼が、父との和解と愛しい女性を救うことに尽くしたこと、そして彼が得たものは、とてもさわやかなものでした。先の本で「咲く」とは「笑顔で幸せに生き、人を幸せにすること」だそうです。

キャスト

コルター・スティーヴンス大尉:ジェイク・ジレンホール

クリスティーナ・ウォーレン:ミシェル・モナハン

コリーン・グッドウィン:ヴェラ・ファーミガ

ラトリッジ博士:ジェフリー・ライト

表題の「Everything's gonna be okay.」は、「うまくいく」という意味で、この映画のキーワードとなっています。

ところが残念ながら、一番最初に出てきたときの日本語字幕は、それ以後のものと表現が違ってました。

シーンはスティーブンス大尉がまったく別人になっていることに混乱しているとき。そこへ、クリスティーナは駆け寄り、彼を励まします。

「次は終点よ。降りてから話しましょ。」

「俺のじゃない。」

「落ち着いて。何も心配ないわ。」(日本語字幕より)

「Okay. We'll get off at the next stop. We'll figure out whatever's going on here, okay?」

「This doesn't belong to me.」

「Look at me. Everything's gonna be okay.」(英語字幕より)

しかしこのあと、乗務員の部屋から拳銃を持ち出そうとして失敗したとき、スティーブンス大尉は、爆発まで残り少ない時間の中でクリスティーナに、あのことばを懇願します。

「うまくいくと言ってくれ。」

「うまくいくわ。」(日本語字幕より)

「Tell me everything's gonna be okay.」

「Everything's gonna be okay.」(英語字幕より)

乞われてそう言うクリスティーナは、混乱するスティーブンス大尉に駆け寄ったあのときの世界の彼女とは、別の人物なのですね。しかし、スティーブンス大尉は、このとき「Everything's gonna be okay」が希望のことばであることを知ったのだと思います。

どうですか。「Everything's gonna be okay.:きっとうまくいく。」今年のことばに。

|

« 「She's not herself tonight.」(「シカゴ」より)その3 | トップページ | 「It's not for everyone.」(「スカイフォール」より) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/157614/48754449

この記事へのトラックバック一覧です: 「Everything's gonna be okay.」その1(「ミッション:8ミニッツ」より):

« 「She's not herself tonight.」(「シカゴ」より)その3 | トップページ | 「It's not for everyone.」(「スカイフォール」より) »