「those were the best seats in the house」(「人生の特等席」より)

「人生の特等席:TROUBLE WITH THE CURVE(2012年製作)」発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ 1000382807

お久しぶりです。

ま、いつもいつもお久しぶりで申し訳ありません。

今回のこの物語、野球物って言っていいのでしょうか。父親と娘の物語ですが、父親の職業はある球団のスカウト。その仕事のことがきっかけとなったある父親の行為から、娘は父を理解できないようになってしまいます。しかし、またその父の仕事のことがきっかけで、互いの絆を取り戻すといういいお話でした。

クリント・イーストウッド演ずる無骨な父親ガスは、引退間近だが名うてのスカウト。しかし、昨今はデータ重視。老いぼれスカウトはお払い箱で、コンピューターの打ち出すデータで十分だと言われてしまいます。

アメリカは不思議な国ですね。愛すべき野球好きの人たちの国ですが、「マネー・ボール」はベテランスカウト達の意見を排除して、データ中心の野球でチームを立て直すストーリーでした。こちらは、視力を失いつつある老スカウトが、データ中心で試合に足を運びもしないスカウトを打ち負かすのが痛快な物語でもありました。

スカウトの注目の的は、強打者のボー・ジェントリー。ここぞというときに、ホームランの打てるジェントリーですが、ガスは実は彼がカーブを打てないと見抜くのでした。

映画の原題は、「TROUBLE WITH THE CURVE」。「カーブに問題有り」とでも言いましょうか。

この「curve」には、「ごまかし」という意味もあるようです。「ごまかしが起こす誤解」(?)って訳せるのかどうかは定かではありませんが、父が娘にうまく説明できずに宿舎学校に押し込んだことも、娘がそれからなんとか父に受け入られようと意に反して弁護士になったのも、人生の曲がり角の「ごまかし」の始まりだったようにも思えます。

あるいは、「曲がり道での事故」って見れば、「人生の曲がり道のもめごと」と言えなくもないのでしょうか。

ミッキー役のエイミー・アダムスが、弁護士のキャリア・ウーマンから、父を取り戻すに連れ、娘の顔を取り戻すように見えるのがとても印象的でした。

カーブが打てない

「カーブが打てない」には違った表現もありました。

「変化球が打てない。」(日本語字幕より)

「Can't handle a breaking ball.」(英語字幕より)

また、カーブのことを「the hook」とも言ってましたね。

純粋な音

純粋な音を聞くのは、やはり純粋な心なんでしょうね。ガスの心は野球に対しては、純粋さを保っているのだと思います。

純粋な心を持てば、その要領は簡単なようです。

「You'll know it when you hear it.:聞けば分かる」のですから。

やがて、物語の最後に新たな心境に至ったミッキーの心も、ガスの言う純粋な音を聞くことになるのですが。

「やっぱりよ。手が泳いだ。見えなくて、なぜ分かったの?」

「長く、この商売をやっているからな。」

「それだけじゃないわ。」

「音を聞けば分かる。バットに当たる音。ミットに収まる音。純粋な音だ。聞けば分かる。」(日本語字幕より)

「You were right. His hands drift. How did you know that if you can't see him?」

「Because I've been in this business too dam long, that's why.」

「No, it's more than that. Tell me.」

「It's the sound you hear. It's like a ball coming off the bat, or exploding into a glove. It's a pure sound. You'll know it when you hear it.」(英語字幕より)

「drift」が使われていますね。不安定に動く、あるいは流されるときに使われるのですね。

ラッパ飲み

日本語字幕の「ラッパ飲み」を見て期待したのですが、残念ながら、そんな表現はありませんでした。

「ウイスキーをラッパ飲みするなんて、法学部で覚えたか。」(日本語字幕より)

「Where'd you learn how to drink, uh, fancy single-malt out of the bottle? They teach you that at law school?」(英語字幕より)

こんな感じでしょうか。

「極上のシングルモルトをボトルから飲む方法をどこで教わったのかな? 法律学校でそれを教えてくれるのかな?」

人生の特等席

邦題になったセリフのあるシーンです。ミッキーが、娘のこころの真相を語ります。

このシーンの後、今度は父親のガスから、父親のこころの真相が語られることになります。

「苦労させたくなかった。三等席の人生だ。」

「三等席じゃない。目覚めると、パパは野球を見てて、体に悪い物ばかり食べて、徹夜でビリヤード。人生の特等席だった。そしたら、お別れ。」

「あれが最良の方法だった。」

「卑怯者よ。」

「何も知らんくせに。」

「じゃ、話してよ。何よ。パパ、話して。」(日本語字幕より)

「I did what I felt was right. I just didn't want you to have life in the cheap seats.」

「They weren't the cheap seats. Spending every waking moment with my dad watching baseball eating food that was no good for me. Playing pool, staying up too late, those were the best seats in the house until you sent me away.」

「Well, I was just doing the best I know how.」

「Only a coward leaves their kid.」

「You don't know half of what you think you do.」

「Okay, then tell me the other half.」

(英語字幕より)

<語句のおさらい>

「spend」は「〈時間を〉過ごす」、「wake」は「目覚めている」。

「pool」は、お酒もビリヤードもできるお店をプール・バーって日本でも言いますから、ご存じの方も多いと思いますが、ポケット・ビリヤードのことになります。

「stay up」は、「寝ずに起きている」の意。

「send ~ away」は、「〈人を〉追い払う、追いやる」。

「coward」は、「臆病者、卑怯者」。

〈せりふのおさらい〉

「わしは自分が思ったことをやった。それは正しかったんだ。ただ、おまえには安っぽい席の人生を送ってほしくなかった。」

「安っぽい席じゃなかったわ。起きてるときは、私には良くない食い物を食べながら、野球を見てるパパと過ごすこと。ビリヤードすること、遅くまで起きてること、それらみんな、うちの特等席だったわ。私を追い払うまでは。」

「いいか、わしは自分の知ってる一番いい方法をやったんだ。」

「卑怯者だけが自分の子を手放すのよ。」

「おまえは、自分のすることの考えも半分しか分かってない。」

「いいわ、じゃ、もう半分を話して。」

幸福の形は1種類しかないが、不幸の種類は不幸の数だけあると聞いたことありますが、ミッキーと同じような状況ではないですが、子どもの頃って、親の苦労なんか関係ないところで、幸せに過ごしてますよね。うちも父が保証人になった相手に逃げられ、借金を抱えて、職場を変え、住む場所を変え、妻子のある身で母との間に私が生まれ、10年ほど別れ話が続いて、夕食後に星一徹じゃないけど、お膳ひっくり返るような夫婦げんかがつづいてました。父のこと嫌いになりましたが、しかし、その頃私はずっと不幸と思ったことはありませんでした。不思議なものです。少し大きくなると、親のことを子どもの気持ちの分からない「子不幸者」と言ってました。私にもなにか映画作れるといいんですが。

「ハスラー2」

プール・バーには懐かしい思い出があります。私、1986年当時、転勤で札幌にいました。いやー、随分昔になってしまいました。

学生時代に良くポケット・ビリヤードをやっていたので、ヒマな土曜日には、札幌のボーリング場でビリヤードをやってました。

後で知りましたが、ポケット・ビリヤードって関西が本場なんですってね。特に京都は国際大会(アジア大会?)があったりして。そう言えば、四つ玉の台は関西は少なかったですね。札幌だと、ポケットの台の方が少なく、しかもポケットは破れてて、ガム・テープで補修してあって、悲惨でしたね、当時。そんな、卓球も同じフロアの、誰も遊んでいない、しがないビリヤード場で、毎週のように一人で突いてましたら、ある日突然、ビリヤード場係りのおっちゃんが私のところへわざわざやって来て、向こうの若いカップルを指して、ビリヤードを教えてやって欲しいと言うのです。その間のプレー代はただでいいと言うのです。「当たり前やろ」と思いつつ、「へー、めずらしー」と言いながら、臨時トレーナーしました。

それから、あっという間です。いつものように突きにいくと、ものすごい人たちがビリヤードにやって来ていて、一人で突くのは遠慮して欲しいとまで言われました。怒って、2~3ヶ月行かず、久しぶりに覗くと、卓球台も消えて、ビリヤード台がびっしり、店員は、10代の若い男女数人になってました。あはは。知らなかったんです。ちまたで「ハスラー2」って映画がめちゃ流行っていたこと。えらいことやと思いましたねぇ。小学校の時、修学旅行は京都。最初にご挨拶してくれはったのは、宿泊予定の旅館「ことや」のおっちゃん。「迷子になったら、えらいことやの『ことや』のおっちゃんを思い出すんやで。」を思い出してました。「えらいことやのことやのおっちゃんや」って、つぶやしてました。いやー、一生忘れないと思いますね。(すみません)

そして、ついにそれまで見たことも、聞いたこともない「プール・バー」が札幌にお目見えしました。お店にはね、なんだかね、高そうなビリヤード台がおいてありましたな。ガム・テープ補修のポケットが嘘みたい。このころ、ビリヤード場やプール・バーが乱立しました。そして、お店が開くととりあえずビリヤード大会が開かれたりしてました。

そのプール・バーのお店の大会に参加しました。確かね、一人目か二人目の対戦相手がそんなに上手そうでもない女性でした。ナイン・ボールでした。とにかく、1から8まで私が入れましたが、最後に外したナインがポケットの近くに止まり、彼女がそれを入れて、私負けたと記憶しております。わたし、ここって言うところで弱い奴でした。記録にも記憶にも残らなーい。(すみません)

スタッフの若い人たちにも、ビリヤード教えてあげて、例のビリヤード場では、特別扱いで徹夜もしょっちゅうでした。(学生時代から、誘った人は必ず、私よりうまくなりましたなー)

当時は、ビリヤードというゲームに合わないと思いましたが、なんとラジオ番組で取り上げられ、また例のボーリング場のビリヤード場に頼まれて、ファンの集い?のコーチ役で出演してましたね。「ええんかいな、こんなんで」と言いつつ、楽しんでました。

斉藤和義の「ずっと好きだった」じゃないですが、30前の遅い、第2の「青い春」、人生の特等席でした。

それ見たことか、あれほどジェントリーはダメだと言ったのに。

かわいそうに。ジェネラル・マネージャーの怒りが分かるような気がします。

「カーブと知ってて打てない。」(日本語字幕より)

「Gentry knows it's coming, he still can't hit it.」(英語字幕より)

そして。

「あれがカーブの打てない奴だ。」(日本語字幕より)

「That's known as trouble with the curve.」(英語字幕より)

あのとき、あのプール・バーで。

「奴の右腕、ぶれてる」

「His right hand drifts.」

「あれがいわゆるナインの決められないってぇ奴だ。」

「That's known as trouble with the nine ball.」

て、陰口たたいていた方、まさかいませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「It's not for everyone.」(「スカイフォール」より)

「007スカイフォール:SKYFALL 007(2012年製作)」発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社 MGXF-55113

先週、通算アクセス数が6万件を越えました。本当にありがとうございます。(5万件のときは、ご挨拶できませんでしたが。)

私と言えば、正月にから音沙汰なしで、半年が過ぎ、早、もう7月。だからという訳ではないのですが、今回は007にしてみました。

キャスト

ジェイムズ・ボンド:ダニエル・クレイグ

M:ジュディ・デンチ

ラウル・シルヴァ:ハビエル・バルデム

イヴ:ナオミ・ハリス

ギャレス・マロリー:レイフ・ファインズ

MI6のフィールドエージェント、つまりボンドと同様、最前線で活動することが仕事のイヴは、トルコのイスタンブールでボンドと行動を共にするが、あろうことかボンドを誤射してしまう。物語早々にして、ボンドは深い谷底の河に沈んで行くのである。

参りました。このあとに流れた、テーマソングの「スカイフォール」は意味深で、印象的で、楽しかったですね。

表題の「It's not for everyone.」は、死んだと思われたボンドが復帰したあと、イヴと再会したときのもの。

「Mの所へ。」

「どこかで会った?」

「おわびしなきゃ。」

「傷は肋骨4本と、致命的でない内臓の損傷。まだ生きてる。イスタンブールは?」

「現場から一時外されて、ここに転勤。」

「外された?」

「007を死なせたから。」

「君は頑張った。」

「本当は、いい腕なのよ。」

「じゃ、用心しよう。」

「次は失敗しないわ。」

「それじゃ、現場復帰をする時は、警告してくれ。」

「今はマロリーの助手だけど、必ず現場に戻るわ。」

「戻りたい?」

「ええ、もちろん。」

「問題は適正だ。」

「007、こっちへ。」

「君を弁護するなら、動く標的を狙うのは難しい。」

「じゃ、動き続けて。」(日本語字幕より)

「She's ready for you.」

「I'm sorry, have we met before?」

「I'm the one-who should say "sorry".」

「It was only four ribs. Some of the less vital organs. Nothing major. Not enough excitement in Istanbul?」

「I've been reassigned. Temporary suspension from field work.」

「Really?」

「Something to do with killing 007.」

「Well, you gave it your best shot.」

「That was hardly my best shot.」

「I'm not sure I could survive your best.」

「I doubt you'll get the chance.」

「Well, do me a favor, will you? If they do ever let you back out there, warn me first.」

「I'm assisting Gareth Mallory in the transition, and then I'll be back in the field.」

「That's what you want?」

「Yes, of course.」

「It's not for everyone.」

「Ah, 007. It's this way.」

「In your defense, a moving target is much harder to hit.」

「Then you better keep moving.」(英語字幕より)

「問題は適正だ。」と字幕に出たとき、何か聞き逃したのかと思いましたが、そうではありませんでした。それが、「It's not for everyone.」でした。「not for everyone」は、「向き不向きがある」という意味で使われている、「Everyone is talented  in his (her) way.」と同じ意味で、会話の中で表現されているようです。だから、「適正」という表現はかけ離れたものではありませんでした。勉強になりますね。本屋大賞となった「舟を編む」で、辞書を作ることや言葉のとらえ方などが話題になりましたが、ほんとに辞書にはなんでも載っているっていう感じです。いつも、いつも感心していまいます。

余談になりますが、私は、先の例をそのまま「人は人それぞれの才能が与えられている」という意味で、自閉スペクトラムと診断された姪の長女とその母の姪に、この「Everyone is talented  in her way.」を捧げたいと思います。また同時に、自分の肝にも銘じたいと思います。

イヴは、最初物語とボンドに重大な衝撃を与えましたが、ここではそれにも関わらず、さらりと軽妙なやり取りをボンドと交わします。次には妖艶な絡みも。そして、最後にも。ボンドが復帰してからは、登場するたびに、物語にホッとする場面を与えていますね。

ボンドは大したことなかったと言いながら、けっこう辛辣な皮肉を言ってます。なのに、イヴがめげないのが、救いとなり、微笑ましさになってます。ボンドも心意気は買ったようです。

「It's not for everyone.」はシンプルでやさしい言い方のようですが、アドバイスとしては彼女によく届いたようです。物語の最後に、彼女はこの言葉が自分の決心につながったことを告げています。

「準備できました。」

「すまない。前にどこかで会った?」

「私は、謝らなきゃいけないその人よ。」

「肋骨たった4本。致命的でない内蔵のいくつか。重大なものではなかったよ。イスタンブールではあまり楽しめなかったのかね?」

「再配属されたの。フィールドワークからの一時撤退。」

「そう?」

「007射殺に某かの関わりのため。」

「まあ、君は君のベストショットを放ったんだし。」

「あれは私のベストショットとは言えないわ。」

「私は、君のベストを受けては、持ちこたえられそうもないよ。」

「あなたがそんな目に会うなんてあり得ないわ。」

「そう。僕の頼みを聞いてくれないか。いいね。もし、君が外に戻るようなことがあったら、真っ先に私に警告してくれ。」

「一時的にギャレス・マロリーの助手をしているけど、フィールドに戻るつもりよ。」

「それが君の望み?」

「ええ、もちろん。」

「人には向き不向きというものがある。」

「あ、007。こちらです。」

「君の弁護のために言うなら、動く標的は狙うのがかなり難しいということだ。」

「じゃあ、動き続けることね。」

そして、言うまでもなく、ボンドは動き続けるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Everything's gonna be okay.」その1(「ミッション:8ミニッツ」より)

ミッション:8ミニッツ:Source Code(2011年製作)」発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンVWBS1317

あけましておめでとうございます。

最近は仕事に追われて、あきれるほど遠ざかってますが、本年もよろしくお願いします。

さて、先日テレビで「ミッション:8ミニッツ」を観たら大好きになってしまいました。

この「ミッション:8ミニッツ」では、私の妄想が駆け巡りました。

私たちは、今ひとつの世界の中で生きているのだと考えていると思います。しかし、私はこの映画を観てこう思いました。ひょっとすると、人は人それぞれ違った世界で生きているのかもしれない。しかも人一人一人にはあらゆる瞬間に平行する膨大な数の世界が存在し、人はその膨大な世界の中から、自らの精神活動や行動で世界を選択しながら生きている...

そして、スティーブンス大尉の生き方は、現実の今を生きるための示唆を与えてくれているのではないか...

置かれた状況の中で自分を信じて前向きに生き抜くのはとても大切なことではなかろうか...

まったく別の話になりますが、NHKで昨年良く売れた本を紹介する番組がありました。その中に、「置かれた場所で咲きなさい」という本がありました。また、同じくNHKで、タレントの堂本剛が宮大工やシェフ、登山家に「運命」について問う番組がありました。その中で、世界的に著名な日本女性のシェフの「やらなければならないこととやりたいことをやっていいたら、扉が開いた」という言葉に感銘を受けました。

主人公のコルター・スティーヴンス大尉の置かれた状況は想像を超えた過酷なものでした。それでも彼が、父との和解と愛しい女性を救うことに尽くしたこと、そして彼が得たものは、とてもさわやかなものでした。先の本で「咲く」とは「笑顔で幸せに生き、人を幸せにすること」だそうです。

キャスト

コルター・スティーヴンス大尉:ジェイク・ジレンホール

クリスティーナ・ウォーレン:ミシェル・モナハン

コリーン・グッドウィン:ヴェラ・ファーミガ

ラトリッジ博士:ジェフリー・ライト

表題の「Everything's gonna be okay.」は、「うまくいく」という意味で、この映画のキーワードとなっています。

ところが残念ながら、一番最初に出てきたときの日本語字幕は、それ以後のものと表現が違ってました。

シーンはスティーブンス大尉がまったく別人になっていることに混乱しているとき。そこへ、クリスティーナは駆け寄り、彼を励まします。

「次は終点よ。降りてから話しましょ。」

「俺のじゃない。」

「落ち着いて。何も心配ないわ。」(日本語字幕より)

「Okay. We'll get off at the next stop. We'll figure out whatever's going on here, okay?」

「This doesn't belong to me.」

「Look at me. Everything's gonna be okay.」(英語字幕より)

しかしこのあと、乗務員の部屋から拳銃を持ち出そうとして失敗したとき、スティーブンス大尉は、爆発まで残り少ない時間の中でクリスティーナに、あのことばを懇願します。

「うまくいくと言ってくれ。」

「うまくいくわ。」(日本語字幕より)

「Tell me everything's gonna be okay.」

「Everything's gonna be okay.」(英語字幕より)

乞われてそう言うクリスティーナは、混乱するスティーブンス大尉に駆け寄ったあのときの世界の彼女とは、別の人物なのですね。しかし、スティーブンス大尉は、このとき「Everything's gonna be okay」が希望のことばであることを知ったのだと思います。

どうですか。「Everything's gonna be okay.:きっとうまくいく。」今年のことばに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「She's not herself tonight.」(「シカゴ」より)その3

MY DVD:CHICAGO:シカゴ(2002S年製作)」発売元:ハピネット・ピクチャーズ BIBF-5880A

お久しぶりです。

実は先月、10月の終わりに累計アクセス数が4万件を越えました。

1兆とは想像もつかない数字だ、1億だって....

しかし、4万という数字も目の当たりにすると、想像もできない数字ということが分かりました。もちろん、日々いただくアクセスで、6年もすれば到達する数値なのでしょうが。4000のたったの10倍だ、なんて自分に言い聞かせてみるのですが、いつから万という数値が分かったつもりになったのか。不思議を体験しております。

再び、「シカゴ」から。

とにかく、ちょっと懐かしく振り返って、これまでの記事を読み返してみました。とりわけ、「シカゴ」は書いていて楽しかったことを思い出しました。冒頭の「And All That Jazz」の部分は、iPad・iPhoneでいつでも見れるようにしています。

それで観てみたのですが、気にかかるセリフがあることに気がつきました。

「She's not herself tonight.」

というセリフです。

その、マネージャーとヴェルマとの短いセリフのやりとりは、以下のようです。

「Velma, where you been? And where's Veronica?!」

「She's not herself tonight.」

「But they paid to see a sister act !」

「Don't sweat it. I can do it alone.」(英語字幕より)

「ヴェルマ、ヴェロニカは?」

「来られないの。」

「姉妹のショーだぞ。」

「独りで大丈夫よ。」(日本語字幕より)

どうして、「今夜、彼女は彼女自身ではない」が、「来られない」となるのでしょう。

辞書に依りますと、「be oneself」で、「(心身が)正常である」の意があるとのことです。

「not be oneself」は、「she's upset or ill」と云うことになります。

このことから、

「She's not herself」で「彼女は具合がよくない」

となるようです。特別な言い方ではなかったのですね。

しかし、面白いのは、物語の後ではっきり分かるのですが、ヴェルマはヴェロニカを殺害したばかりです。

聞き方によれば、

「今夜、彼女はもう彼女ではないのよ。」

と言ってるように聞こえます。

「she's ill」であれば、ヴェルマは嘘をついてることになりますが、「she's not herself」ではヴェルマは人知れず大きな秘密を明かしてることになります。

面白いですね。

〈語句のおさらい〉

「where you been?」は、「Where have you been?」でしょう。

「sweat」は、名詞では良く知られている「汗」です。動詞では自動詞で、「汗をかく」以外に、「ひどく心配する、びくびくする」意があります。

〈せりふのおさらい〉

「ヴェルマ、どこに行っていた? それにヴェロニカはどこだ?」

「今夜、彼女、具合悪いの。」

「客は、姉妹のショーを見に来てるのだぞ。」

「うろたえないで。私一人でできるわ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Someday. Someday, Roy. 」その5(「ナイト&デイ」より)

MY DVD:「ナイト&デイ:KNIGHT AND DAY(2010年劇場公開)」発売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント株式会社 FDDC-41778

今回でやっとラストまで。「ナイト&デイ」。活劇エンターテイメントの続きの続きの続きの続き、その5です。

薬、打たれた?
ロイはそこにいました。まるでそこが住み家であるかのように、屋根の上に。
救い出された後も、ジューンは自白剤で大脳皮質の抑制が解放され、朦朧とした意識の中での思考は、あたかも愛の湖で溺れているかのように、愛のチアノーゼ状態です。
「セックスしたい気分。最高のセックス。」
「薬、打たれた? 水を飲め。」(日本語字幕より)
「I think I feel like having sex. I think we'd have really great sex.」
「Did they give you something? You should hydrate.」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「feel like」は「~したい気がする」。
「we'd have 」は「we would have」。つまり、可能性・推量を表す「S would do」の形です。「do」に当たるのが「have」のため、「S would have done」の形と一瞬勘違いしそうですが、「have」の後は目的語としての名詞句「really great sex」があるのみで、動詞の過去分詞は見あたらず、前者の形「S would do」に相違ありません。「would」は「will」の過去形ですが、現在時の推量を表すとされています。
「hydrate」は「水化する、水和(水酸化)する」、「体内に(薬などの)水溶液を注入する」。難しく言って、「注射、もしくは点滴を行って薬を中和させる」あるいは「血中濃度を下げる」ことになるようです。この場合の「水溶液」に使われている水は生理食塩水のことになると思います。ただ、日本語字幕のように、「水を飲む」ことでも良いのかも知れません。残念ながら、自白剤のことについてざっと調べましたが、回復処置について述べられているものは見つけることができず、詳細は不明のままです。気になるのは、ロイの指示が「S should do」の形で、「S should be done」のように「点滴をしてもらうべき」と言った受け身の形でないところでしょうか。自分のことは自分で手当てするということなんでしょうね。「ソルジャー」に出てきた兵士や、あの「プレデター」の怪物も、けがをすると救急セットを取り出し、自分で傷口を手当てし、化膿止めの抗生物質を注射しますものね。なんの映画だったか、何もない砂漠のようなところで、果物に管を刺し、体液に近くて栄養のある果物のジュースを体に点滴するという荒技も見たことがあります。だったら、やっぱり水を飲むのではなく、自分で自分に点滴するのかも知れませんね。
<せりふのおさらい>
「セックスしたい気分。私たち、ほんとうに素晴らしいセックスができるわ。」
「奴ら、君に何を打った? 水和点滴をすべきだな。」

再会したふたりは、暴走する猛牛たちの中、追いつ追われつ、アクロバットな身のこなしで、サイモンを救わんとバイクを乗り回すのでありました。
サイモンを奪い返したロイ。しかし、彼は凶弾を体に受けたのであります。ジューンに抱かれ、朦朧となる意識の中、天使を見る思いのロイ。しかし、組織は彼を必要としていました。組織はロイに最高の救急医療を与えたのです。

スパイの非情と悲哀
ワシントンの病室で目覚めるロイ。そばに上司のイザベルがいました。
サイモンは新しい研究室を得、ジューンはロイがやったように家に戻したし、彼女は理解したと言います。そして、すべてとの関係を絶つ約束だとも言うのでありました。
「なぜ今、その話を?」
「あなたは組織の人間。任務に集中できないなら、用はない。」(日本語字幕より)
「Why are we still talking about this?」
「Because the agency invested a lot in you. And you're an asset only as long as you stay focused.」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「still」は副詞として、「まだ、なお、相変わらず」。
「agency」はアメリカでは「政府機関、〜庁、〜局」の意。「the FBI」は、「Federal Bureau of Investigation :米連邦捜査局」でした。
「invest」は「in 〜」を伴って、「〜に投資する、〜に注ぐ」。「金がかかってる」ってやつですね。
「asset」は、「役に立つもの、価値のあるもの」。この単語は初めて知りました。
「only as long as 〜」は、特に慣用語句としてありませんが、「〜する限り、〜さえすれば」の意を「only」を付けて条件を強調しているようです。日本語字幕の二重否定的表現の方がより感じを出しているように思います。
「stay」は、自動詞として、後に形容詞や過去分詞を伴って、「〜のままでいる」。
「focused」は、「focus:集中する」の過去分詞です。また、形容詞として、「集中した」のほかに、「意欲的な、目的意識のある」という意味もあるようです。
<せりふのおさらい>
「今さら、どうしてその話を、僕たちはしてるのかな?」
「組織はあなたにたくさんの投資をしてる。だから、任務に集中している限り、あなたには価値があるの。」

薬は?
イザベルはジューンがどう理解したかをちゃんと確かめるべきだったようです。
日常の壁を越えてしまったジューンは、スパイさえ凌駕しつつあります。
ロイが薬と思って飲んだものがおかしいので聞くと、見覚えのある顔の医師が答えます。
「プロタイン・ゼロ。」
睡眠薬まで勉強して、誇らしげに立つジューンがそこにいました。
なぜまた睡眠薬を? ジューンはロイに絶対に無理をさせない方法を選んだのかも知れません。愛ゆえのことだったのでしょう。ここでやっと、その1の「永遠の嘘をついてくれ」につながりました。長かったです。
この歌の別の部分に、
「君よ 永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ」
って言うのがあるんです。失礼しました。

Someday
「今日は何日?」
「今日が”いつか”よ。夢が叶う日。」(日本語字幕より)
「What day is it?」
「Someday. Someday, Roy. 」(英語字幕より)
ジューンは、ただ「Someday」と言ってるだけです。しかし、ジューンがケープホーンまで走り抜けたいと言った、somedayであり、ロイが2度と来ない日みたいで危険だと言った、somedayです。

身につけているもの
「僕、何はいてる?」
「短パンよ。」
「どうやって、はいた?」
「私はペンチとレンチだけで、車を組み立てられるのよ。見ないで着替えなんか、楽勝よ。ちょっと見たけどね。」(日本語字幕より)
「What am I wearing?」
「A pair of shorts.」
「How did I get into shorts?」
「Roy, I'vd been trained to rebuild a six-speed transmission with nothing but a pair of pliers and a crescent wrench. I think I can get you into a pair of shorts without looking. I'm not saying that's what I did.」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「get into」は「身につける、着る」の意。「その3」で、会話の流れで「get in」が使われていましたが、ここでは「get into」でしたね。そう言えば、「ローマの休日」の中でご紹介したように、「into 」を伴った語句として、「climb into」がありました。これにはには「(急いで、努力して)〈服などを〉着る」という意味がありました。知って楽しい限りです。
「rebuild」は「取り替える」。
「plier」は「ペンチ」。詳しくはありませんが、国内ではつがいの部分の穴に工夫があって、組み込み方を変えるとつかむ幅を大小に切り替えられるものをパイルペンチもしくはパイルレンチと呼ぶことが多いように思います。ハサミと同様に、「a pair of pliers」と数えられてます。
「crescent」は、形容詞として「三日月形の」。
「wrench」は「レンチ」。
<せりふのおさらい>
ジューンはロイの口まねをして、手にスキルがあることを言ってますが、短パンを履かせるのに、力さえあれば、それほど技術が必要とは思えないのがおかしいところです。
「僕は何をはいてる?」
「短パンよ。」
「ロイ、わたしはね、何もなくても、パイルレンチと三日月形レンチがあれば6速トランスミッションを交換できるよう訓練を受けてるの。たぶん、見なくたってあなたに短パンくらいはかせられるわ。やったことをいってるわけじゃないけどね。」

With you
愛はすべてに優る。
優秀なスパイであるロイ。彼は果たして、ジューンの救出劇を望んだのでありましょうや。
しかし、生死の境を超えたロイと、愛で非現実世界を超えたジューン。超えてそこにあるのは、やっぱりケープホーンと愛なのかも知れませんね。
「私と、私なし。私と、私なし。」
「君といたい。」
「ラジオかけて、DJさん。」(日本語字幕より)
「With me, without me. With me, without me.」
「With you.」
「Put some tunes on the radio, Mr. DJ.」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「tune」は「曲」。
「put some tunes on the radio」は「ラジオに曲をかけて」だと思いますが、「put on」だけでも「スイッチを入れる」意があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「A new kind of truth serum.」その4(「ナイト&デイ」より)

MY DVD:「ナイト&デイ:KNIGHT AND DAY(2010年劇場公開)」発売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント株式会社 FDDC-41778

今回も、「ナイト&デイ」。活劇エンターテイメントの続きの続きの続きです。

さて、ジェーンはロイが生きていることを確信し、自ら極秘開発品の渦中に身を投げます。そこに必ずロイが現れると考えたからに他なりません。ただ、彼女が例えそう思ったとしても、ジューンの中の何かが覚醒(かくせい)したとしか思えない、その無謀な行動に、「そんーなやつは、おらんやろ」とどこかの漫才師の口まねをしつつ、しかし高揚する気持ちは隠せない、私であります。

血清剤
極秘発明品の代わりに大きな乾電池を手に持って、案の定、武器商人の荒くれどもに捕まったジューン。
頭(かしら)のアントニオ・キンターナの言うには、ジューンが連れてこられた地は、なんとサン・フェルミン祭りの日のスペイン。もちろん、サン・フェルミン祭りを知ってるわけではありませんが、後のシーンを見れば知ってる方もおられるかと。スペインの三大祭りとかで、有名な牛追い祭り。牛追い祭りとは言えど、牛の前を走ってる人が多く、やたら危ないお祭りでございます。
なるほど、カーチェイスはアクション映画の中のお祭りなのかも知れません。牛追い祭りだ、お祭りだ。祭りだ、祭りだ、北島三郎だ。(失礼しました。)
着くやいなや、いきなり注射を打たれるジューン。なんだか、ジューンは大丈夫なんでしょうか。そんなに会う人、会う人に薬もられて、薬害はないのでありましょうか。
とにかく、何をくれたのかと問うジューンに、キンターナは、
「A new kind of truth serum./”真実を言う薬”」(英語字幕/日本語字幕)
とおっしゃいます。
「serum」は「血清剤」。ちなみに、自白剤として、ナチス・ドイツが、致死性の高い植物ベラドンナを原料として開発したのが、「真実の血清」と言われているようです。
ともかく、「新型の、真実の血清剤さ。」とはシャレておりますね。血液の中から「真実」だけを抽出した血清剤を飲めば、人はたちどころに「真実」を語り出すのでありましょうか。そんなへりくつの「真実」の程はどうであれ、なにより私の血液の中にも、「真実」がどうか残っていますように。

小さな心遣い
ジューンは薬のせいか、おそらく普段以上に饒舌になっています。ロイへの想いが溢れて仕方ない感じ。ロイがわざと尾行させて、無事に自分を帰国させてくれたこと。オムレツを作ってくれたこと。妹の結婚式に間に合わせてくれたこと。
ロイのそうした小さな心遣いがうれしくてたまらないジューンでした。
「It's really the little things, honestly. But they count so much.」(英語字幕より)
「小さな心遣いが、うれしいの。」(日本語字幕より)
<語句のおさらい>
「really」は、副詞で、意味を強めて「確かに、ほんとうに」。この意で用いるときは、強調する語の直前に置かれています。
「honestly」は、こちらも副詞で意味を強める、「ほんとうに、実際」。
ここで面白いのは、前半は単数形の文章の中で「things」を扱い、それを受ける後半は「they」で複数形としていることです。それまでの話題にしたことを、「it」で示し、次ぎに複数ながら「the」を付けたことで、ひとくくりの物事というニュアンスで受けて、最後にはそのまま複数形でまとめています。つまり、複数形を単数形にする裏技を使い、最後に単数形を複数形で表して、言いたいことを伝えています。私の訳では逆にしてみました。前半を複数形で、後半は単数形で。言葉は魔術ですね。
「count」は自動詞として、「価値がある、大切である」。
<せりふのおさらい>
「実際、これらはほんの小さなことよ、ほんと。でもね、これってとっても価値があることなの。」

では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「I'm not saying that's what i deed,」その3(「ナイト&デイ」より)

MY DVD:「ナイト&デイ:KNIGHT AND DAY(2010年劇場公開)」発売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント株式会社 FDDC-41778

お久しぶりです。
誠に申し訳なく、しかしちょっとずつですが、続けようと思ってます。
お陰さまで、随分前にアクセスのトータルが2万軒を越えました。現在22740軒ほどになっています。1日当たりの平均アクセス数は12.39です。これは、2006年9月からのものですが、最近の過去4ヶ月では、1日29件となっています。平均訪問者数としても20件になっています。決して多くはないのですが、ずっと落ちないので、驚いています。
ほんとうにありがとうございます。
でも、最近映画みてませんねぇ。まったく。
では、活劇エンターテイメントの続きの続きです。

身につけているもの
絶体絶命のピンチに、再び薬で意識を失うジューン。先に申しますと、このあとすぐに、三度(みたび)ジューンは意識を失います。主人公が3度も気を失うというのは、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」ですでに経験済みとは言え、これまた先に申し上げますと、最後にはロイが意識を失うことになるのですが。
とにかく、目覚めたとき、南の見知らぬ島で、水着姿に変わっていたら、そりゃあ、女性としてただ事じゃないですよね。
なのに、ロイの返事と来たら。
ま、救いは正直なところでしょうか。え、救いじゃない? 失礼しました。
「私、何着てる?」
「ビキニ。南の島だぞ。」
「どうやって着たの?」
「僕は訓練を受け、真っ暗闇でも、安全ピンとチョコだけで、爆弾を解体できる。着替えさせるなんて、楽勝さ、何も見ずに。ちょっと見たけどね。」(日本語字幕より)
「What am I wearing?」
「A bikini. We're in the tropics.」
「How did I get in the bikini?」
「June, I've been trained to dismantle a bomb in the pitch black with nothing but a safety pin and a Junior Mint. I think I can get you in and out of some clothes without looking. I'm not saying that's what I did, but...」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「the tropics」で「熱帯地方」。
「get in」は通常、建物や車などに「入る」ことに使われます。辞書では同じ意味の「go in」との比較で、「入るのに何らかの努力を伴う場合、またその努力が実を結ばない場合、get inが好まれる」とされてました。ここでは、ジューンが着ているものに驚いて質問したことに対する、南の島に”来ている”(We're in the tropics.)というロイの返事に、どうやってビキニを”着ている”(get in the bikini)ことになったのかを問う、”in the ~”の表現の韻を踏んだセリフとなっている感じです。
「dismantle」は、「取り壊す、分解する」。
「bomb」は「爆弾」。
「pitch」は「タール・原油などの蒸留後に残る黒い粘性物質」。舗装道路に使われているコールタールは、「coal tar pitch」のことのようです。「coal」は「石炭」、「tar」は「黒い粘着性物質」。「pitch」と「tar」は親戚ですね。ただ、「black as pitch / 真っ黒な」という表現がpitchにはあります。
「a Junior Mint」は日本語字幕にもありますように、チョコレートのことのようです。「Tootsie」のホームページを観ますと、「Junior Mints」ファミリーのチョコレートが並んでいます。商品名は複数形の「Mints」となってますが、セリフではたった1個のということなので、単数の「Mint」となったのではないかと想像します。
「get you out of ~」。「get you in and out of some clothes」は、「get you in some clothes」と「get you out of some clothes」が合わさった言葉ですが、「you」という目的語を持つ他動詞としての「get you out of ~」にも、「get in」に「着せる」という意味がなかったのと同様、本来は「脱がせる」という意味はなく、「出す」ってことになります。
<せりふのおさらい>
「何、私の着ているのは?」
「ビキニ。僕たちは南に来てるんだ。」
「どうやって、私はビキニを着てるのかしら?」
「ジューン、僕は真っ暗闇の中で爆弾を分解できるよう訓練されているんだ。それも安全ピンとジュニアミント1個でね。僕は見ないまま君に服を着せたり脱がせたりできると思うよ。それが実際に僕がやったことを言ってるわけじゃないけど、...」

67年型グランプリ
激怒してジューンは、ロイのワイシャツを羽織って、島の反対側に走り出します。すると、胸ポケットにロイのiPhoneが。住所「5326 AMAPOLA ROAD」が示され、黒い大きな車を磨く男の姿が映し出されます。車に詳しいジューンは一目見てその車がなんであるか、分かったのでした。
「67年型、グランプリ。」(日本語字幕より)
「That's a '67 Grand Prix.」(英語字幕より)
ここで、ジューンが観た車は、ポンティアックの高級パーソナルカー、グランプリの67年型。ポンティアックのイメージリーダーカーとして人気を博した車だったようです。

簡単に抜けられるマジシャンの手
話を戻しますと、それと同時に、ジューンのバッグの中の携帯電話も鳴り出します。うかつにもジューンはそれに出てしまうのでした。
先に進むジューンでしたが、無人島の1コマ漫画にでも出てきそうなほどの、小さな孤島。すぐに反対側に出てしまいます。
戻ってきたジューンは怒りがおさまりません。感情にまかせてなぐりかかるジューンですが、ロイに背後からつかまってしまいます。
「放して。」
「簡単に抜けられる。教えよう。”マジシャンの手”だ。手のひらを下に向けて、勢いをつけ、手を下に伸ばし、お尻を突き出す。」(日本語字幕より)
「Let me go.」
「You can get out anytime you want. I'll show you. Hands like Houdini. Turn your palms down, and all at once, throw your hands to the ground and your hips back.」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「Houdini」はフーディニと読むのでしょうか、脱出もののマジックが得意のかつてのマジシャンのお名前のようです。現在は彼の名のマジックグッズのショップが有名なようです。
「palm」は「てのひら」。
「all at once」は、「同時に」、あるいは「突然、だしぬけに」ともありました。
<せりふのおさらい>
「放して。」
「君が望むいつでも抜けられる。教えるよ。フーディニ風の手だ。手のひらを下に向け、そして同時に、両手を地面に向けて投げ出し、お尻をうしろへ。」

列車の中でマジシャンの手
ジューンは南の島で、ミニヘリコプターなんぞ乗れないと拒絶して、はたまた意識を奪われます。気がつくと、アルプスに向かう列車の中。事情が分からないまま敵の手に落ちたジューン。早くも習ったばかりのフーディニの手を使うときが来ました。
「”マジシャンの手”。」(日本語字幕より)
「Hands like Houdini.」(英語字幕より)

ほとんど息継ぎせずに
凄腕の殺し屋との格闘も、ロイと、開発者の高校生サイモンと3人で乗り越え、ホテルにたどり着くのでした。
しかし、スパイごっこの終焉はほろ苦いものになりました。
夕食前に出かけると言うロイを尾行すると、怪しい美女と会い、極秘発明品を武器商人に売り渡そうとしていたのです。しかも、突如現れたCIAと名乗る人たちの見せるビデオでは、ロイとの出会いでさえ、彼の演出であり偶然ではなかった。
CIAに取り囲まれて逃走するロイ。
ロイは追い詰められて、ビルから河に落下。
遺体はみつからないまま、時は過ぎ、ジューンは日常に帰った。おだやかな朝の目覚めを迎え、妹の結婚式にも立ち会うことができた。
ただ、精魂込めて組み立てた父の形見の車を、意外なことに妹は欲しがっていなかったのでした。
工場の中の、そのきれいに仕上がった車の前で、ジューンは妹たちには、車ではなく家をプレゼントすることを打ち明ける。
ふと、目にとまった見慣れない車。
「いい車ね。」
「Gボディ・グランプリ。どの車より長いボンネットだ。」(日本語字幕より)
「This just come in?」
「G-body Grand Prix. Longest hood in history.」(英語字幕より)
(「This just come in?」は「来たばっかり?」でしょうか。「見かけない車ね」くらいの感じでしょうか。)
それはグランプリだった。
グランプリ。確か、ロイのiPhoneで見た車。
ロイの隠れ家か?
現実から非現実に連れ込まれたジューン。しかし、ジューンの中で、非現実が現実として甦り、非現実のジューンが新たなジューンとして甦るときがきたようです。
果たして、そこはロイのご両親の住む家でした。ロイの若き日の写真。ロイは戦死したことになっていた。
しかし、おかあさんのある一言で、ジューンは、あのとき河に落ちたロイが生きていることを確信するのでした。
「イーグル・スカウトよ。水泳がとても得意だったわ。湖を泳いで横断できたのよ。ほとんど息つぎせずに。」(日本語字幕より)
「He was an Eagle Scout. This was taken the day he got that swimming badge. He could swim clear across Lake Sunapee with practically one breath.」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「Eagle Scout」は前回ご説明しました。
「This」は、星条旗を背にした若き日のロイの写真(picture)を示します。
「take a picture」で「写真を撮る」。そこで、「This was taken the day ~」は、「この写真は、~の日に撮られた」になります。
「clear」は副詞として使われることがあるようです。意味は、「完全に、すっかり」。例文として、「swim clear across the lake:湖を横断して泳ぎきる」とありました。
「practically」には、副詞として直後の語を修飾して、「ほとんど、やや誇張して言えば」という意味を持ちます。面白いですね。
「breath」は、「息、呼吸」。
<せりふのおさらい>
「イーグルスカウトだったのよ。この写真は、息子が水泳バッジを得た日に撮ったの。湖を泳いで横断できたわ。ほとんど一息で。」

では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「your life expectancy is like here.」その2(「ナイト&デイ」より)

MY DVD:「ナイト&デイ:KNIGHT AND DAY(2010年劇場公開)」発売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント株式会社 FDDC-41778

活劇エンターテイメントの続きです。

君次第だ
ジューンをなんとか救い出したいロイですが、さすがに互いの信頼がなくてはどうしようもないと思ったようです。
「言っておく。僕がついてないと、君の寿命はここ。僕とはここ。僕なしはここ。僕と、僕なし。だから、一人で帰るかどうかは、君次第だ。」(日本語字幕より)
「Just so you understand, right now, out there, on your own, your life expectancy is like here. With me, it's here. Without me, here. With me, without me. With me, Without me. So... I wouldn't advise going home. But, you know, it's up to you.」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「just so」にはいくつかの意味がありますが、ここでは「もし~ならば、~でありさえすれば(if and only if)」が最も合う内容のようです。
「right now」は「ちょうど今、ただ今は」。
「out there」は「in here」の「内」に対する「(建物の)外」という意味がありますが、「世の中には」という意味があるようです。家から一歩外へ出た、「世間」という意味があるのだろうと思います。私がはっきり「out there」という言葉を意識したのは、MIB2の中のセリフでした。そこでは、「世の中」よりもっと身近な、「ちょっと先、すぐそこ」のような感じを受けました。エージェントJ(ウィル・スミス)が、エイリアンに襲われたショップで働くローラ(ロザリオ・ドーソン)に心惹かれながら、話を聞こうとする場面。自分が見たものを信じ、恐れより知ることを望むローラのセリフから。
「私たち、まだ純真な子供の頃、宇宙人はいるって思ってた。(日本語字幕より)/ When we're kids, before we're taught how to think or believe, our hearts tell us there is something else out there.(英語字幕より)」(子供の頃、考え方や信じるものを教えられる以前、世の中にはなにか別のものがいると、私たちの心は語っていたわ。)
「on your own」。「your own」は「あなた自身」。「on your own」は「あなただけで」という意味となるようです。例文では、「Can you finish the work on your own?」で「その仕事をあなただけで仕上げられますか?」、「Will you feel safe in the house on your own?」で「あなたは家で一人でいて安心しますか?」でした。
「expectancy」は面白い言葉で、「期待、期待されるもの」の意。生命保険で使用され、「life expectancy」は「平均余命、平均寿命」となります。
「you know」はつなぎ言葉としてよく使われます。「⦅文頭文末で⦆…ですね, …ですからね. 」=ほとんど意味がなく単に念を押すために用いる。「⦅挿入句に用いて⦆ほら, あの, そうねえ」=一種のクッションワード(緩衝語), 言いよどんだときのつなぎの言葉。
「up to」には多くの意味があります。ここでは「~の義務(責任)で」で、「~しだいだ」の意味合いとなります。
<せりふのおさらい>
ここで使われてる、「with me, without me.」はインパクトのある言い方ですが、なるほど最後の場面で利くせりふとなります。
「理解してもらえたらのことだが、今は、どこも、君だけでは、君の平均余命は(下を指して)ここくらい。
僕となら、ここ(上)、僕なしで、ここ(下)。
僕と(上)、僕なし(下)。
僕と(上)、僕なし(下)。
だから、家に戻れとはとても言えない。でも、ねぇ、それは君次第だ。」

イーグルスカウト
ジューンは、ロイの言葉に自分を大切に思ってくれている人間が誰なのかを考え直すことができたようです。
イーグルスカウトはアメリカでのボーイスカウトの頂点。取得すると履歴書に書けて就職が有利になったり、大統領直筆の手紙が来たり、晩餐会に招かれたりと、非常に名誉のある事のようです。
ブラウニーはアメリカでのガールスカウトの幼年団、6~8歳。茶色の制服を着るようです。
「僕は優秀なエージェントだ。今夜は、安全だよ。ボーイスカウトが誓う。」
「安全で安心? おやすみ、ロイ。ボーイスカウトだったの?」
「”イーグル・スカウト”。」
「私は”ブラウニー”。」
「そうか。」(日本語字幕より)
「I'm pretty good at what I do, June. And tonight, we're safe. Scout's honor.」
「Safe and secure? Good night, Roy. Were you really a Boy Scout?」
「Eagle Scout.」
「I was a Brownie.」
「That's cool.」(英語字幕より)
ここでは特に取り上げる語句はありません。ただ、イーグルスカウトとブラウニーのことを知っておくべきと思いました。

それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Sometimes things happen for a reason.」その1(「ナイト&デイ」より)

MY DVD:「ナイト&デイ:KNIGHT AND DAY(2010年劇場公開)」発売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント株式会社 FDDC-41778

今度の映画は活劇エンターテイメント。
私たちは、兵士。戦う兵士。街中の戦う兵士。まるで、かつての火曜サスペンス劇場の「聖母たちのララバイ」。いえ、そうではなくて、実際の人生では傷ついた獣かも知れません。そんなくじけそうで踏ん張っている気持ちを代弁してくれてる、なんて思っているのは私だけかも知れませんが、好きな歌に、2006年「つま恋」のステージで、吉田拓郎と中島みゆきが歌った、「永遠の嘘をついてくれ」というものがあります。(当時、ハイビジョン放送をBlue-Ray DVDではなく、まだHD ビデオテープで録ってましたね。)
「傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく
放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
嘘をつけ永遠のさよならのかわりに
やりきれない事実のかわりに

たとえ 繰り返し何故と尋ねても
振り払え風のようにあざやかに
人はみな望む答えだけを
聞けるまで尋ね続けてしまうものだから
君よ 永遠の嘘をついてくれ
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ
出会わなければよかった人などないと笑ってくれ」

ちょっと強引ですが、今度の物語は、嘘と分かってても、何度も見たくなる物語でした。
「knight」は騎士道に沿って生きる騎士。一方「night and day」は、「昼も夜も、四六時中」。まあ、「昼も夜も騎士道」ってところでしょうか。
とても有能で、なんでも解決してしまうスパイ、自称ロイは、しかしトラブルの中にあった。そこにごく普通の女性、ジューンが巻き込まれてしまう。ところが、その彼女が非日常に目覚めてゆき、スパイもびっくりという活躍を。徹底した痛快エンターテイメントでありました。
なにしろ、とても小さいが世紀の大発明品を巡っての大活劇が展開されるのに、なぜか善良なるロイは、ジューンとジューンの妹の結婚式をないがしろにしないのであります。
一方、ジューンは自分より妹のことを優先するタイプのお姉さん。事件に巻き込まれて、パニックの上にパニック。しかし、これまた善良なるお姉さんのジューンは、ひとたびロイの心を知るなり、猛然と突き進むのでありました。さあ、どこまで行ってしまうのか。

物事の理由
ジューンは自動車の修理工だった父譲りの腕で、かたみの車を組み上げて、妹の結婚祝いにしようと、車のがらくたから、なんとかパーツを手に入れて、飛行機で家に帰るところ。しかし、待ち受けていたのは、組織がロイのために、巧妙にワナを仕組んでいるフライト。ロイは組織から裏切り者として追われていたのである。それとは知らないジューンは、ただ空席がないと断られます。なんとか乗せてもらおうとするジューン。
ロイはそれとなく、危険を伝えるのですが。ロイのそのあまりに遠回しで、ソフトな言い方は、後ほどジューンから非難されるのであります。
「物事には理由があるんだ。」(日本語字幕より)
「Sometimes things happen for a reason.」(英語字幕より)
確かに、「物事は、時に理由があって起こるんだ。」は、「この飛行機に乗らない方が身のためだ。」や「この飛行機に乗ると、殺されるかも知れない。」という風には聞こえませんよね。

Someday/いつの日か
逆に、ロイと言葉を交わしたジューンを不審人物と思い込んだ組織の策略で、問題のフライトに乗ることになってしまったジューン。ロイの心配をよそに、妹の婚礼を控え、ジューンは姉としての喜びを胸に、亡き父から受け継いだような、自分の想いを語るのでした。
「私の夢なのよ。パーツを取り付け、思ってるの、走り続け、南米の最南端まで行きたいわ。」
「ケープ・ホーン。」
「そう。」
「美しい島がある。海賊の島。”いつか”は危険な言葉だ。」
「危険?」
「”永遠に実現しない”と同じ。」(日本語字幕より)
「I used to think that someday, when the last part went in, I would just climb into that GTO and start it up. Just drive and drive and drive, and just keep driving until I got to the tip of South America.」
「Cape Horn.」
「Yeah.」
「There's beautiful islands down there.」
「Yeah?」
「Pirate islands. Yeah, "someday." That's a dangerous word.」
「Dangerous?」
「It's really just code for "never."」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「used to 」は、なんと助動詞として、「以前はよく~したものだった」。
「someday」は「いつか、いつの日にか」。夢を語るときに、口語表現でも良く使われるようです(「アメリカ口語表現辞典」より)。ディズニー映画、「白雪姫」で有名な「いつか王子様が / Some day my prince will come」もこの表現ですね。
「go in」には、「〈機器などが〉取り付けられる」意味もあるんですね。
「climb」は「(苦労して)はう、もぐり込む」意味があります。「climb into」で「努力して(服などを)着る」意味をもちます。ここでは、車に乗り込むということになりましょうか。
「GTO」は「イタリア語の「Gran Turisumo Omorogata」、即ちモータースポーツにおけるGTカテゴリとして公認された車」という意味だそうです。(ウィキペディアより)
「down there」の「there」は、ここでは「Cape Horn」。「down」は接続詞として使われています。「下手に、南へ」といった意味となります。
「pirate」は「海賊」。
「dangerous」は「危険な、危うい」。
「code」は名詞で、「符号、暗号」。別な言い方で、「コード化されたメッセージ」。つまり、「間接的に他の意味を表す語」となります。
<せりふのおさらい>
「よく思ったものよ。いつの日か、最後のパーツを取り付けたら、GTOに乗り込んで走らせるの。ただ走って、走って、走り続けて南アメリカの先まで走り続けるの。」
「ケープ・ホーン。」
「ええ。」
「あの先には美しい島がある。」
「そう?」
「海賊島だ。ただ、”いつの日か”は危険な言葉だ。」
「危険?」
「まさに、”決してしない”の暗号のようだ。」
この映画では、「someday」がキーワードとなっています。物語の最初で、ジューンの「someday」はただ憧れるだけで終わるおとぎ話の象徴かのように、ロイによって揶揄されてしまったわけです。スパイっぽく、「code;暗号」って言い方になってますが。

クラッシュの翌日は
なんとまあ、恐ろしい事がいとも簡単に起こり、そして収まることでしょう。今後はずっとこの調子です。
一見大惨劇、実はロイ、大活劇・大活躍の飛行機事故の夜、ジューンはあろうことか、そのロイに薬を盛られて、意識を失います。翌日、ジューンは自宅でまるで何もなかったかのように目を覚まします。が、平和は長く続きません。日常はすぐに崩壊。しかも、ロイの言葉通りに、FBI捜査官と名乗る男達に取り囲まれます。
捜査官と名乗る男が”安全”を口にし出したら危険という、ロイの忠告が事実なら、ジューンは、殺されるか幽閉されるか、とっても危険な立場。しかし、とんでもない方法でロイは現れ、ジューンを救います。しかし、それでもロイから逃げるジューンを、ロイは強引に捕まえます。
車を止めろと、ジューンは言い続けるのですが、ロイは、ジューンに話しかけます。
「昨夜、警告したはずだよ。あの便に乗るなって。」
「いつ?」
「”物事には理由がある”と言ったろ。」
「それ、警告? どこが警告なのよ。はっきり分かるように言ってよね。”ジューン、この便に乗ると死ぬよ”って。FBIといれば、安全だったかも。」
「本気か?」(日本語字幕より)
「I'm not one of those "I told you so" kind of guys, but I did warn you to stay off the plane last night.」
「When?」
「Well, when I said, "Sometimes things happen for a reason."」
「That's not a warning. That's not a warning, Roy! That's like a needlepoint expression or a bumper sticker. Next time, try, "June, if you get on this plane, you will fucking die!" You know, Roy, maybe they meant it when they said that I would be safe.」
「You really mean that, June?」
「Yeah!」(英語字幕より)
<語句のおさらい>
「warn」は、「you」を目的語に持って、他動詞として「警告する」。
「stay off」も、ここでは「the plane」を目的語に持っており、他動詞として「遠ざけておく」の意。
「a needlepoint expression」は、「刺繍」と「表現」で、「刺繍表現」。これは、「刺繍」のようにエレガントでやさしい「表現」ということだと思います。
「bumper sticker」は、「車のバンパーに貼られているようなステッカー」となります。想像の範囲ですが、「誰も気に留めない」くらいの意味だと思います。先の「a needlepoint expression」とともに、ジューンのユニークな思いつき表現だと言えそうです。
「fucking」は、形容詞・ときには副詞として使用され、「〔怒り・苛立ちを表して強意的に〕いまいましい[く]、ひどい[く]」などの意味に使われます。
「You know, Roy, maybe they~」の「they」はジューンを取り囲んだ、「FBI捜査官」を名乗る男達のこと。
「meant」は「mean」の過去形。「mean」は「(本気で)~するつもりである」言う意味を持つ場合があります。
<せりふのおさらい>
「僕は、”だからそう言っただろ”と言うようなタイプのやからではないけど、夕べは飛行機からは遠ざかるよう警告したろ。」
「いつ?」
「そう。こう言ったときさ、”物事は、時に理由があって起こるんだ”ってね。」
「それは警告じゃないわ。警告じゃないわよ、ロイ。そんなの刺繍に表現されたものか、バンパーステッカーの文字と同じよ。次からはね、こう言いなさい、”ジューン、この飛行機に乗ると、ぶち殺されるぜ!”って。ねぇ、ロイ、彼らが私は安全と言ったとき、彼らは本気だったかも。」
「それ、ほんとに本気? ジューン。」
「そうよ。」
ジューンは、ついに本音を言ってしまうのであります。
観てるこっちは、トム・クルーズがこの立ち振る舞いで、嘘言ってるはずないんだけどなーって、感じてるわけなんですけどね。
続きはまた、次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災

私は、関西に住む者です。今度の震災に関しては、ただただ、テレビ、ラジオ、新聞などから見聞きするだけですが、惨劇の大きさにただただ驚き、立ちすくむばかりです。母を亡くして2年。肉親を亡くしたときの、うちひしがれた気持ちを思い出します。病で亡くしたときでさえ、強く打ちのめされたのですから、この度の震災で肉親や友人を、すべてとともになくされた方々の心情を思うといたたまれない気持ちになります。
私の住むマンションからも消防隊員として福島に行かれた方がいらっしゃいます。また、会社の同僚の知人に自衛隊の方がいらっしゃるとのことです。その方は、被災地から帰ってきて口を利かなくなったそうです。被災地で無くなられた方の体を洗ってあげていたそうです。幼いお子さんも含まれていたとのことです。よく似た記事が新聞にもありました。警官として最初の仕事が、無くなられた方の体を洗うことだったそうです。
私に何ができるのだろうか。そしてそれは、これからの10年、20年と考え続けなくてはならない事なんだと思います。
あまりのことに言葉として出すことができず、随分遅くなりましたが、無くなられた方々のご冥福を心よりお祈りし、無事だった方々の今と未来に何か貢献することを誓いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「 We're gonna need a bigger plane. 」(「2012」より)